ブログ

家をリースバックするトラブルとは?トラブルへの対策方法や注意点についてご紹介!

リースバックとは売却した家に賃貸として住める仕組みです。
具体的には不動産会社や投資家から購入代金をもらってから、賃貸借契約を結ぶことで実現します。
しかし、このリースバックにはトラブルがつきものです。
そこで今回はリースバックで起こり得るトラブルについてご紹介します。

□リースバックのトラブルとは?

*リースバックのトラブル例には何がある?

リースバックは比較的新しい仕組みなので、詳細や注意点を知らずに利用してトラブルに巻き込まれる可能性が高いです。
ここではリースバックのトラブル例をご紹介します。
ここでご紹介するトラブルを知って、トラブルに巻き込まれないように注意しましょう。

1つ目のトラブル例は毎月の家賃が払えなくなる例です。
家は購入するより賃貸の方が高額であることがほとんどです。
リースバックは賃貸と同じ状態になるので、毎月家賃を支払う必要があります。
リースバックでは一時的に不動産会社や投資家から現金を受け取れますが、それだけでは家賃が支払えるわけではないことに注意が必要です。

2つ目のトラブル例はリースバックを希望して相談に行ったのにも関わらず、異なるプランを勧められる例です。
リースバックではなく、その会社に利益が出やすい他のプランを勧められる可能性があります。
特にリースバックはご高齢の方に人気の仕組みなので、ご高齢の方が言いくるめられることが多いと言えるでしょう。

3つ目のトラブル例は契約期間なのに退去を命じられた例です。
契約を結んだのにも関わらず、不動産会社の業績が振るわない状況に陥った場合、退去を命じられるということも考えられます。
もしもこのように命令されても、契約にないことであれば動じないようにしましょう。

4つ目のトラブル例は買い戻しができなくなった例です。
リースバックでは契約期間が終わってから、家を買い戻せることが特徴です。
そのため、後で買い戻したいと思っている方も多いでしょう。
しかし、買い戻す場合には元の物件の約2割増しの価格が必要です。

5つ目のトラブル例は家族と意思疎通が取れていなかった例です。
ご高齢のご家族がリースバックを利用して、そのご家族がそのことを把握していない場合が多いです。
もしもご高齢の方が亡くなれば、リースバックを利用していたことも知らずに相続がうまくいかないという状況になりかねません。

*リースバックのトラブルを避ける方法とは

1つ目は家賃の計算を丁寧に行うことです。
通常の住宅の家賃は周辺の物件の相場や購入者の所得などを加味したうえで、決定されています。

しかし、リースバックの場合は、所得などは一切加味されません。
そのため、思っていたより高額になって支払えなくなるというケースが多発しています。
家賃がきちんと支払えるのか、スケジュール管理をしておきましょう。

2つ目はそのプランを勧めた理由を確認することです。
不動産会社には様々なプランが存在し、初心者にはどのプランがどう異なるのかは理解できないでしょう。
その場合は、不動産会社にプランの詳細を尋ねましょう。
さらになぜそのプランを勧めたのかも聞いておくと安心です。

3つ目は個人の投資家ではなく大手リースバック業者を活用することです。
不動産会社だけではなく、投資家とも契約を結ぶ可能性があるのがこの仕組みの特徴です。
しかし、小規模な組織や投資家は自身の経済状況が悪くなると、勝手に契約を破棄するなどの可能性も考えられます。
できるだけ不動産会社を利用しましょう。

4つ目は家族と話し合うことです。
リースバックはまだ新しい制度なので、詳細を知らない方も多いです。
利用する場合はご家族に相談し、家族がリースバックについて理解したうえで利用しましょう。

□リースバックのデメリットとは

近年ケースが多くなっている、リースバックですがそのデメリットとは何なのでしょうか。
ここではこの仕組みのデメリットをご紹介します。

1つ目のデメリットは家賃の支払いがあることです。
リースバックは賃貸と同様に家賃が発生します。
そのため、きちんと毎月支払える額なのか計算しておきましょう。
支払えなくなってからではもう手遅れです。

2つ目のデメリットは賃貸期間に制限があることです。
リースバックには契約期間が存在する場合が多いです。
多くの場合は2年の契約でしょう。
その住宅に住める期間が決まっていることにも注意が必要です。

3つ目のデメリットは通常の売却価格より安いことです。
リースバックではある程度のお金が現金化できます。
しかし、通常の売買時の売却価格に比べると、手に入るお金の額は小さいです。
その他の費用のことも考えて、リースバックを利用する方が良いのか改めて確認しておきましょう。

□まとめ

今回はリースバックのトラブルと、トラブルを回避するための注意点をご紹介しました。
トラブルを避けるためには知らないことを無くすことが重要です。
リースバックについてご家族の中で話し合い、お金の面も含めて再検討すると良いでしょう。
トラブルなくリースバックを利用できるように注意することをおすすめします。