住宅ローンの返済を抑えたい方

住宅ローンの条件変更、借り換えについて

住宅ローンを支払い続けることが難しくなってきた場合、住宅ローンの条件変更や借り換えについて行うという方法も あります。
成功すると毎月の返済額を抑えることが出来て、家を手放さずにすむことができます。

住宅ローンの条件変更とは

住宅ローンを借りている銀行に交渉して、現在返済中の借入れの返済方法・条件を、お客様の状況に合わせて、 一時的に当初のものより緩やかに変更してもらうことです。一時的に返済を猶予することで、手元の資金繰りに余裕が生まれます。

住宅ローンの条件変更のメリット

  • 家を手放さずにすみます。
  • 借入金の返済額を減らすことができ、その分だけ資金繰りが楽になります。
  • 条件変更をしている限りは、銀行は法的な回収手段はとらずに回収を待ってくれます。

住宅ローンの借り換えとは

住宅ローンの借り換えとは、別の金融機関にローンを変更する手続きのことをいいます。
今借りている銀行よりも条件の良い別の銀行から借りたお金で一旦現在の住宅ローンを完済し、今後はその別の銀行に住宅ローンの返済をしていくことになります。

住宅ローンの借り換えのメリット

  • 家を手放さずにすみます。
  • 住宅ローンの総返済額を減らすことができます。金額の大きい住宅ローンでは金利が数%違うだけで総返済額も月々の返済額も大きく減らすことができます。
  • 金利タイプ(変動→固定)(固定→変動)の変更ができます。
  • より充実した団体信用生命保険に入り直すことが出来ます。団体信用生命保険は加入後変更はできませんが、借り換えの時により充実したものに加入できるようになります。

住宅ローンの条件変更や借り換えのできる条件

住宅ローンの条件変更や借り換えには審査があるため、利用できる条件があります。
  • 安定した収入がある事。
  • 健康状態が良い事。
  • 住宅ローンの滞納がない事。

住宅ローンの条件変更のデメリット

  • 基本的に銀行は条件変更を嫌がります。粘り強く交渉する必要がありますし、交渉しても認めてくれないケースが多いです。
  • 永遠に待ってくれるわけではなく時間的猶予をもらったにすぎません。期間が経過すると返済が始まります。
  • 条件変更前よりも総返済額が増えてしまいます。

住宅ローン借り換えのデメリット

  • 金利が安くなっても、手数料や保証料、税金などの諸費用が発生します。総額を確認して検討してみると、それほど変わらないという事もあります。
  • 書類作成に手間がかかります。
  • 借り換えに審査があるため、年収が下がったり、転職したばかりだと審査に落ちる可能性があります。
  • 借り換え後、完済までの期間が短縮できる場合、10年を切ると住宅借入金等特別控除の対象から外れてしまいます。

住宅ローンの条件変更や借り換えを検討されるなら、滞納する前にご相談ください!

最終手段である任意売却と違い、住宅ローンの条件変更や借り換えをすることによって、家を手放さずにそのまま住み続けることができます。
しかし、審査が必要なため、住宅ローンの支払いに滞納があるとそもそも受付てもらえません。
住宅ローンの支払いに不安を持ったら、支払えなくなる前に住宅ローン返済支援エージェントにご相談ください。 プライバシー厳守で公平な立場で解決に向けてサポート致します。
住宅ローン返済支援エージェントを探す

住宅ローンの条件変更・借り換えについてのコラム

夫が失業してしまった!住宅ローンの返済はどうすれば良いの?

「夫が失業してしまって、住宅ローンの返済ができない」 このようなお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか。 夫の収入が […]
>続きを読む

リストラされたらどうすれば良い?住宅ローンの対応方法も紹介します!

リストラをされてしまうと、住宅ローンが払えなくなってしまいますよね。 もし、住宅ローンを滞納するとどうなるのでしょうか、 […]
>続きを読む