離婚するが不動産の手続きについて相談したい

離婚にまつわる住宅ローン問題について

住宅ローンを組んでいて、離婚を検討されている方はご注意

もし今、離婚を検討されている場合、その前に色々と整理しておかなかければならない事があります。離婚をすると、財産分与をしなければなりません。
財産分与とは、婚姻中に夫婦で購入した住宅や車、貯金などの共有財産を分配することです。財産分与には負の財産も含まれます。住宅ローンの負債も含まれることになります。
もし、あなたが離婚を検討されているならば、住宅ローンに関わる下記の3点を調べておくことをすすめします。
  • 不動産の名義
  • 不動産の価格
  • 住宅ローンの残高
 
不動産価格は不動産会社、できれば数社に査定を依頼されるのが早くて正確に知ることができます。
離婚しても住宅ローン名義人は簡単に変更できません
住宅ローンは、金融機関とローン名義人との間の契約です。
離婚をしても夫婦間でその名義を変更することはできませんし、連帯保証人も簡単に外れることはできません。
離婚が決まったら金融機関に報告を
離婚をしたら、金融会社に報告(生活環境の変化の通知義務)をしなければなりません。
報告せず住宅ローンの名義人が家に住んでいないということが後々問題になることもあります。

離婚するとき住宅ローンが残る場合の解決法

  • 家を売却して住宅ローンを返済する。
    家の売却価格>住宅ローン残高
    家を売却したお金でローンを返済することができます。残ったお金も公平に財産分与できます。
    家の売却価格<住宅ローン残高
    この場合、抵当権が抹消されず、家の売却ができません。そのため、貯金を崩して不足分を支払う必要があります。
  • どちらかが家に住んで住宅ローンを返済していく。
    住宅ローン名義人が住み続ける場合
    こちらの場合、大きな問題はありません。しかし、夫もしくは妻が住宅ローン契約で連帯保証人になっている場合、住宅ローンの返済に滞納があった場合、住んでいない方の連帯保証人に請求されるので、住宅ローンの借換えで連帯保証を外されることをお勧めします。
    住宅ローンの名義人でない方が
    住み続ける場合
    住人ではなく、別で住む住宅ローン名義人が払い続ける。
    住む人とローンを支払う人が違うパターンです。こちらはあまりお勧めしません。
    住宅ローン名義人である元夫がローンの支払いを続け、元妻と子供がそのまま済み続けるパターンが多いのですが、知らないうちに元夫の住宅ローン支払いの滞納が続いていて、ある日いきなり競売にかけられ強制退去させられてしまう場合があるからです。
    住宅ローンの名義人を住人名義に変更する。
    ローン名義人が元夫で、名義人ではない元妻が住み続ける場合、元妻が住宅を買い取るか、離婚を理由に住宅ローン契約者の変更を行うことができます。
    この場合、元妻に一定の収入がないとローンを組むことは難しいです。

夫婦共有名義の不動産を持っている場合の解決法

離婚後に共有名義の不動産の住宅ローンが残っている場合、次の2つの方法があります。
  • 新しい連帯保証人を立てる
    夫が住宅ローンを引き続き支払うことになった場合、将来夫の返済が滞った際、元妻に返済の義務が発生してしまいます。そうならないように、離婚の成立後、新たな連帯保証人を立てることをお勧めします。
  • 単独名義にするために住宅ローンの借り換えをする
    最初に組んだローンよりも総支払額が安くなる場合もあるため、離婚後支払いが厳しくなりそうな方に有効です。但し、借り換えには審査があるため、それにクリアする必要があります。

離婚後に住宅ローンが残ってしまう場合、
専門家への相談をおすすめします。

離婚後に住宅ローンが残ってしまう場合、契約や離婚後の生活によって解決方法も様々です。
お二人が満足のいく形でスムーズに解決するためにも公平な立場で包括的にサポートする住宅ローン返済支援エージェントに是非一番最初に ご相談ください。
住宅ローン返済支援エージェントを探す

離婚問題についてのコラム

住宅ローンの支払い中に離婚した方へその後住宅ローンはどうなるのかご紹介

住宅ローンを残して離婚してしまった方はいらっしゃいませんか。 この場合これからどうなるのか少し気になりますよね。 そこで […]
>続きを読む

離婚するとどうなる?夫婦間の住宅ローンについて解説!

離婚した際に気になることは住宅ローンではないでしょうか。 ローンを完済していない状態で離婚することは不安ですよね。 そこ […]
>続きを読む