不動産投資でお困りの方

不動産投資(アパート・マンション)の ローン返済について

コロナ禍による不動産投資の状況が悪化してきており、不動産投資ローンのご相談も増加してきています。
  • ワンルームマンションの需要の低下
  • リモートワークの拡大などによる都心のマンション需要の低下
  • 賃借人の収入の減少
  • 家賃滞納や賃料引下げを希望する賃借人の増加

不動産投資ローンが払えなくなる原因

当初想定していた家賃収入が得られないことによる収益性の悪化

  • 空室状態が続いている。
  • 次の入居者がなかなか決まらず、リフォーム費用も捻出できない。
  • 入居者による家賃の滞納。

サブリース契約を原因とするトラブル

  • 契約内容をよく確認せずに不動産会社と契約してしまう、最近増えてきているトラブルです。
  • 入居者が少なくなり収入が大幅に減った上に高額な修繕費を請求され、ローンを支払えなくなってしまった事例などがあります。

手元にキャッシュがないため現状回復や修繕ができない

  • 原状回復工事ができないと新たな入居者募集ができないため家賃収入の減少につながります。
  • 修繕対応ができないと、入居者の退去につながってしまいます。

不動産投資ローンを滞納すると…

返済が滞る
数日遅れる場合は問題ありませんが、返済の遅れが続くと金融機関から連帯保証人に催促がいきます。

3か月以上返済できない

銀行内で「要注意の貸出先」に分類されてしまいます。
回収担当が支店ではなく、本社の回収専任担当者に変更となってしまうことがあります。

全く返済できなくなってしまった

大手銀行の場合、債権をサービサー(資金の回収専門業者)に売り渡してしまいます。
債権者がサービサーに移り、さらに厳しく取り立てられることになってしまいます。
競売
このままなにもしないでいると競売にかけられてしまいます。

収益物件のローンは借入額が
大きな金額のため注意が必要です。

収益物件のローンは借入額が大きな金額となっている場合が多く、いよいよ支払いができなくなってしまうと、自分が保有している定期預金や生命保険などをすべて解約しても返済ができなくなってしまいます。

収益物件ローンの支払いに困ったら
早い段階で住宅ローン返済支援
エージェントにご相談を

収益不動産は権利関係が住宅ローンの滞納より複雑になってきます。
問題解決にはなによりも早期に対策することが一番大切です。
収益物件の運営が厳しくなってきた、ローンの支払いが厳しい等不安な点がありましたら、一刻も早く住宅ローン返済支援エージェントに相談することをお勧めいたします。
住宅ローン返済支援エージェントを探す