お役立ちコラム

リストラされたらどうすれば良い?住宅ローンの対応方法も紹介します!

リストラをされてしまうと、住宅ローンが払えなくなってしまいますよね。
もし、住宅ローンを滞納するとどうなるのでしょうか、また何をすると良いのでしょうか。
今回はリストラされた際にするべきことと、住宅ローンを滞納するとどうなるかを紹介します。

□リストラされたらするべきこととは?

では、最初にリストラされた際にする対応について紹介します。
前提として、退職前に会社へ連絡し、解雇予告手当の支払いを求めることと、退職金の交渉を行いましょう。

では、失業した際にすることを3つ紹介します。

1つ目は失業保険の申請です。
退職した後の失業状態である場合は失業保険を受け取れます。
そのためには、離職票が必要です。

手順は最初に会社から離職票を貰い、ハローワークで仕事探しの申し込みを行います。
1週間程度待機した後に、雇用保険に関する説明会と失業認定日に参加します。
さらに1週間ほどたった際に失業保険が給付されます。

2つ目は健康保険を切り替えることです。
切り替えには健康保険資格証明書が必要です。

切り替える方法は国民健康保険に加入すること、家族の扶養に入ること、これまでの健康保険を継続させる任意継続保険者制度を利用することです。
しかし、国民健康保険に加入する場合は退職から数えて14日以内に役所で申請する必要があります。

3つ目は年金を切り替えることです。
年金の切り替えは2つあります。
それは、国民年金と扶養に入ることです。
国民年金に変更する際は役所へ、配偶者の扶養に入る場合は会社へそれぞれ14日以内で申請しましょう。

なお、変更するには年金手帳が必要です。

以上の3つの項目を確認しましょう。

□もし住宅ローンを払えなくなったらどうすれば良い?

では、次に住宅ローンを払えなくなった際の対応を紹介します。
主に2つ方法があります。

1つ目は返済額を軽減してもらうことです。
住宅ローンを契約している銀行と交渉して、住宅ローンの返済額を一時的に軽減する方法です。
例えば、家族が病気や怪我で多額の医療費が必要になったり、リストラされた場合の特別な理由がある場合に一定期間だけ月々に支払う返済額を軽減できます。

しかし、軽減してもらった分は免除されるわけでは無いので、一定期間を過ぎた後に支払う必要があります。
その場合の返済金額は本来の返済に軽減期間で軽減された分と月利を合わせた金額を支払う必要があるので、支払いが可能だと予想できている分だけ使用することをおすすめします。

2つ目は返済期間を延長してもらうことです。
こちらもローンを契約している銀行と交渉して、住宅ローンの返済期間を遅らせてもらう対応方法です。

これはローンの支払いが難しくなった際に最初に検討するべき対応策でしょう。
仮に通った場合は、返済期間が残り15年と仮定した時に追加で10年の延長が可能になった場合は月々の返済額が小さくなり、ローンの支払いによる負担を小さくできます。

しかし、注意点は返済する期間が延びるので、その分利息は多く支払う必要があることです。

以上は住宅ローンの支払いに困った際に検討してもらいたい方法です。
どちらも後の支払いが多くなったり、総支払額が多くなったりするものの、今の月々の負担を軽減できる方法としては有効なので、ぜひ検討しましょう。

□住宅ローンを滞納すると起こることとは?

最後に万が一住宅ローンを滞納した際に起こることを紹介します。

ローンを滞納した際は銀行からいろいろな書類が届きますが、それを無視した場合はどうなるのでしょうか。

2か月目までは督促される段階です。
まだ最初の段階で銀行から電話がかかってきたり、督促状が来たりします。

3か月ほど滞納すると、催告書が送られてきます。
内容はローンを返済することが記載されていますが、督促状との違いは法的処置をとるという通告がなされることです。

それ以上放置していると、分割払いが可能である権利が喪失することと、住宅ローンの残額の一括請求書が届きます。

分割払いの権利が無くなることに関しては、何かしらの救済制度か何かと勘違いしてしまいますが、普段の返済が分割なので、返済期限付きで住宅ローンを返済してもらうということを指します。
そして、支払期限は通常では難しい日程になっている傾向があります。

請求書が送られてきた数日後に、保証会社による代位弁済がなされます。
これがされた後は裁判所から家を競売に掛ける旨を書いた通知が届きます。
その後、裁判所から室内の状態の確認や現地調査が行われ、事情聴取なども行われます。

競売が終わって、購入者が決まると、家を明け渡す必要があります。
さらに、競売の売却価格は通常の6割程度に下がる場合もあるので、残りのローンも支払う必要もあるでしょう。

そして、最悪のケースは自己破産です。
そのため、そうなる前に手を打つ必要があります。

住宅ローン返済支援エージェントはローンで困っている方のために、その方の状況に応じて解決策を提示します。
また早ければ早いほど選択肢はあるので、ぜひとも早めに住宅ローン返済支援エージェントへご相談ください。

□まとめ

今回はリストラされた際にするべきことと、住宅ローンを滞納するとどうなるかを紹介しました。
リストラされて住宅ローンの支払いに困った際に利用できる救済制度があるので、これらを利用することを検討しましょう。
この記事が参考になれば幸いです。


下記お悩み別ページで解決法を知ることができます。

住宅ローンの条件変更、借り換えについて