住宅ローン以外に借金を抱えてしまっている方

多重債務者の方の住宅ローン返済について

住宅ローンの返済でお困りの方の中には住宅ローン以外の借金も抱えている方がいらっしゃいます。
その住宅ローン以外の借金を整理することで月々の負担が軽くなり、住宅ローンの支払いを続けることができる場合があります。

住宅ローン以外の債務の整理方法

1.任意整理

  • 住宅ローン以外の債務について、金融機関と交渉して債務額全体を減らしたり、月々の返済額を減らし、現在の支払いよりも負担を軽くすることができる手続きです。
  • 裁判所を通さずに、弁護士が間に立って依頼者と毎月無理なく支払える返済額を協議し、金融機関と和解交渉をしていきます。
  • 利息を免除すれば3年以内に完済できる見込みのある人が利用でき、裁判所を通さないので簡易的な手続きで済ませることができます。
  • 保証人に迷惑をかけずに済むことができます。
任意整理は、影響を及ぼしたくない借金を避けて手続きすることができるため、住宅ローンを任意整理の手続きから外して行うことができます。
任意整理を利用して住宅ローンを支払い続けることにより、住宅を手放さずに済むことができます。

2.個人再生

  • 将来継続的に収入の見込みがある人が利用できます。生活保護を受けている方や専業主婦等定期的に収入が得られない場合は利用できません。
  • 裁判所を介して利用することになります。
  • 住宅を手放さず、借金の減額等を通じて自己再生を図ることができます。
  • 借金は5分の1にまで減額されます。(100万円を下回ることはありません。)
個人再生の住宅資金特別条項(住宅ローン特則)を利用して、住宅ローン以外の債務を圧縮し、住宅ローンは払い続けることで住宅を残すことが出来ます。
任意整理、個人再生の違い
任意整理、個人再生どちらも住宅を残すことができることに変わりがありませんが、違いを簡単にまとめると下記の通りになります。
任意整理
相手方を選べたり、資料の準備が必要なかったり、手続きが比較的簡単にできるけど、債務減額の効果はあまり高くない。
個人再生
裁判所を介して全債権者を相手にする必要があり、資料は大量に用意する必要があり、手続きは大変だけど、債務を減らす効果は非常に大きい

3.自己破産

  • 自己破産は原則借金の返済が全て免責されます。
  • 滞納している税金は免責にならないということには注意が必要です。
  • 自己破産できる条件は下記の通りです。
    • 支払いが不能であること。
    • 過去7年以内に自己破産の免責を受けていないこと。
  • 自己破産のデメリットは下記の通りです。
    • 現在価格が20万円を超える財産、99万円を超える現金は回収されてしまう。
      →所有不動産も売却されてしまいます。
    • 職業に就くことが制限される。
      →保険募集人、警備員、宅地建物取引士、税理士、司法書士などの士業等、特定の資格が必要な職業等
    • 自己破産の事実が官報に掲載される。

多重債務でも住み続けたい方へ

多重債務を抱えていて住宅ローンの支払いに困っている、家を手放したくないなどの悩みをお持ちの方は、まず、住宅ローン返済支援エージェントにご相談ください。
お客様の希望に沿った条件の整理や債務整理専門の弁護士を紹介させていただきます。
住宅ローン返済支援エージェントを探す

多重債務者についてのコラム

任意整理後でも住宅ローンの審査に通るのか解説!

様々な家庭の事情により、住宅ローンを組みたいタイミングが訪れることがあるでしょう。 しかし、任意整理してしまうと、ローン […]
>続きを読む

個人再生の住宅ローン特則の要件とはどのようなものか解説します!

突然の交通事故やご病気で、住宅ローンの返済にお困りの方はいらっしゃいませんか。 滞納が2か月目、3か月目ならまだお家を守 […]
>続きを読む