高齢者の住宅ローンについて相談したい

55歳以上の住宅ローン問題 
相談窓口のご案内

老後住宅ローンの支払いができなくなるケースが増加しています

老後、住宅ローンの支払いが厳しくなる、住宅を手放さざるを得なくなる原因の1つに老後破産があります。
老後破産が増え続けている背景には主に下記のような原因があると言われています。
  • 現役時代、子供の教育費の負担が重く貯蓄ができなかった。
  • 病気により高額な医療費がかかってしまった。
  • 定年までに住宅ローンを完済することができず、住居費が負担になってしまっている。
晩婚化により、住宅を購入する年代が高くなり、定年までに住宅ローンを完済できないケースが増えてきています。
そうなると、住宅ローンのために年金を充てたり、退職金など老後資金を切り崩していくことになるので、生活が立ち行かなくなってしまいます。
住宅ローンを完済していても自己所有のマンションの場合、固定資産税や修繕費、管理費を払い続けていかなければなりません。
税金の滞納は高金利の遅延損害金が発生してしまい、最悪の場合には自宅を差押えされてしまいます。そうなってしまうと任意売却が困難になってしまうため、早めに対応しなければならないです。

実家の住宅ローン問題

最近では少子高齢化と核家族化の影響で、家族ごとに1軒の家を持ち、それぞれが住宅ローンを抱えているケースが多いです。親が住宅ローンで困っていても、子どもも住宅ローンを抱えている身のため、相談しづらい、援助しづらい状況になってしまっています。

一人で抱え込まずに住宅ローン返済エージェントへご相談を

高齢者の方で退職後に残ってしまった住宅ローンを、自力で返済できない状況に陥っているのに、迷惑を掛けたくない為子供に相談できない上、誰にも相談せず滞納し続けてしまっている方が多くいらっしゃいます。また、教師など立場上相談しづらい人達も、悩みを誰にも相談できずに問題を抱えてしまっている事が多いです。
住宅ローンの問題は放っていたら大変な事になります。お一人で抱え込まずにすぐに専門家へご相談ください。
住宅ローン返済支援エージェントを探す

高齢者が住宅ローンを支払えなくなった場合の解決策

高齢者が住宅ローンを支払えなくなった場合、下記のような解決策があります。

住宅ローンの借り換え、返済条件の変更

住宅ローンは返済そのものを免除してはくれませんが、借り入れの条件を相談次第で変更してもらえることがあります。例えば住宅金融支援機構が提供するフラット35では下記のような変更例があります。
  • 返済期間の延長などにより、返済額を減額
  • 出費が大変な一定期間のみ返済額を軽減
  • ボーナス返済の割合の変更

ローンを組めても今後の返済が可能かをよく考えましょう

フラット35での年齢制限は、申込時は70歳未満、 返済は最高80歳まで続けるよう設定することができます。 ローンを組むことができても、今後の家計、収支をよく考えて検討するようにしてください。

任意売却

住宅ローンの支払いができず、滞納が続いてしまった場合、マンションを売却して債務の整理をします。 残債よりも売却価格が多い場合は引っ越し費用も捻出でき、新しい生活に備えることができます。 任意売却を成功させるには何よりも早く相談いただくことが必要です。月々の住宅ローンの支払いについて不安が生じた時点で、どうか遠慮せず専門家にご相談ください。

リバースモーゲージ

「リバースモーゲージ」とは家を担保にして金融機関から借り入れを行う制度です。シニア向けの貸付制度で、利用者も最近増えてきています。
リバースモーゲージのメリットはそのままご自宅に住み続けることができる事です。ただし、自分が亡くなった後は家族に家を相続できなくなります。事前に家族の同意を得ておく必要があります。

親子間売買

子どもに家を売却する方法です。こちらも自宅を手離すことなく住み続けることができます。分割しづらい不動産を生前に子供名義に移転しておくことで相続トラブルを避けるメリットもあります。
但し、手続きが複雑で難しいことが多いため専門家の手が必要となります。

親子リレーローン

親子で1つの住宅ローンを契約し、二世代で住宅ローンを完済する親子リレーローンというものがあります。親が主債務者となり、子が連帯債務者となります。
一定期間後、親から連帯債務者となる子へ住宅ローンの返済義務が引き継がれます。
子の年齢を基準に返済期間を決めることができるため、親が高齢の場合でも住宅ローンを組みやすいというメリットがあります。
デメリットは、子どもが別の住宅ローンを組むことが難しくなる場合があることと、みなし贈与の問題が生じて、相続時のトラブルとなるリスクがあります。
リレーローンを利用できるかどうか検討される際には、一度専門家に相談することをおすすめします。

高齢者の方も安心して相談いただけます

高齢者の方の中には若い相談員よりも、ある程度人生経験のある同じような年代の方に相談したいと希望される方がいらっしゃいます。
また、若い年下の相談員に自分の経済状況の話をする事に抵抗がある人もいらっしゃるようです。
JKASは全国に相談窓口を持ち、50代後半以上の経験豊富な住宅ローン返済支援エージェントがおります。ご指名いただければ同年代の相談員が対応致します。
プライバシー厳守であなたに寄り添ったサポートをいたします。是非安心して相談下さい

安心して老後の生活を送るためにも、住宅ローンのお支払いで不安を感じたら
住宅ローン返済支援エージェントにご相談ください。

住宅ローン返済支援エージェントを探す

55歳以上の住宅ローン問題についての動画

退職後の住宅ローンの支払いが厳しそうな方へ!対処法を紹介します!

 

住宅ローン払えなくても「親子間売買」で住み続けられる。

 

55歳以上の方の為の相談窓口についてのコラム

コロナで住宅ローンを延滞している人が増加?対策方法をご紹介!

コロナの影響で財政状況が悪化し、住宅ローンが支払えなくなったという方が増加しています。 ローンを滞納した場合には落ち着い […]
>続きを読む

住宅ローンを借り換えたい方へ!何歳まで可能なのか説明します!

住宅ローン支払いに困ったら
住宅ローンを組む際はできるだけ負担を減らしたいですよね。 毎月多くのお金を、住宅ローンに割く必要があると生活が不安でしょ […]
>続きを読む

55歳以上の方の相談を得意とする相談窓口はこちら

北海道・東北エリアopen

青森 相談窓口【合同会社プリズム】

〒038-1311
青森市浪岡大字浪岡字細田59-14

【白石 相談窓口】札幌不動産流通株式会社

〒003-0002
北海道札幌市白石区東札幌2条6丁目5-1
関東エリアopen

神奈川 湘南 相談窓口【株式会社リードアセット】

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台2丁目7-9 湘南台ナリタビル203号

群馬 高崎北 相談窓口【有限会社拓進】

〒370-0802
群馬県高崎市並榎町35-3新英ビル202号

【さいたま 相談窓口】株式会社クオリティエステート

〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂2-2-21 平井ビル4階

【東京中央 相談窓口】あおぞら想研

〒103-0004
東京都中央区東日本橋3丁目3-15 マウンテンビル1F

【東京 練馬 相談窓口】株式会社トゥルーホーム

〒178-0063
東京都練馬区東大泉1丁目34-7コグレビル4F

【東横 相談窓口】株式会社スリーウェイズ

〒221-0814
神奈川県横浜市神奈川区旭ヶ丘23番7号

【東東京 相談窓口】FTライフパートナー

〒104-0032
東京都中央区八丁堀4-12-20 第1SSビル4FD
北陸・甲信越エリアopen

【新潟 相談窓口】Will Project合同会社

〒950-0855
新潟県新潟市東区江南3丁目5-36 三佐和ビル 1-B
東海エリアopen
関西エリアopen

【北大阪 相談窓口】株式会社エス・ホーム

〒530-0015
大阪市北区中崎西1丁目4番22号 梅田東ビル218号室

【京都 南 相談窓口】株式会社ベストオーナーズ

〒619-0231
京都府相楽郡精華町山田下川原3-6 BEST山田川ビル3F
中国・四国エリアopen
九州・沖縄エリアopen

熊本相談センター【株式会社熊本土地建物】

〒862-0971
熊本県熊本市中央区大江4丁目16番7号