閉じる
解決事例

離婚調停中に夫が自己破産 → 自宅が競売に! →相談の結果、引越しせずに今の家に住み続けることができた

ご相談内容

夫と私とで共有名義、住宅ローンは夫が主債務者で私が連帯保証人になっています。
夫が家から出て行き、今は養育費などについての離婚調停中の状態です。お互いに弁護士を立てていますが、夫が離婚調停中に自己破産を申し立てたことにより、住宅ローンの期限の利益が喪失になってしまい、ローン残債の全額を一括返済で請求が来ました。
収入が少ない私に払えるはずも無く、競売開始決定通知が届きました。でも、小学生の子供が2人いるので、出来れば今の家に住み続けたいのです。 どうすればよいでしょうか?

ご提案内容と解決方法

このままの状況では競売になってしまい、引越しせざるを得ない状況になります。
ですが、任意売却という売却手段を使い、債権者と合意する売買代金で、今の家を知人や投資家さんに買ってもらい、その買ってもらった方から賃貸で貸してもらうという方法もあります。
そうするためには、まず、夫側の弁護士と連絡を取り、不動産を任意売却することの合意を得る必要があります。

結果

さっそく夫側の弁護士に連絡を取り、任意売却で進める合意を得ることができました。
債権者とは、3,300万円で任意売却の売出しを開始することで合意しました。そこで、何人かの投資家を当たってみると、良い投資家が見つかりました。
着々と任意売却の手続きは進み、結局3200万円で売買契約が成立しました。残った債務は、500万円強ありましたが、消滅時効で借金はゼロになる予定です。その後、離婚が成立し、養育費が支払われることになりました。
「引越しもせずに済みましたし、最悪の結果には至らなかったので、あの時に思い切ってお願いして、本当に良かったと感謝しております。」(奥様)



Warning: Use of undefined constant is_front_page - assumed 'is_front_page' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/merikaren/www/loan-madoguchi/wp/wp-content/themes/loan2/footer.php on line 122