女性が安心して相談できる窓口がほしい。

住宅ローン問題 相談窓口のご案内

住宅ローンの支払いについてのご相談は男性が多いと思われがちですが、以外と女性からの問い合わせも多くいただいております。JKASでは、女性の方も安心して相談できる体制を整えております。

女性が住宅ローンの支払いについて相談されるケース

独身時代購入したマンションの管理に困っている

女性の社会進出、晩婚化などの影響でマンション購入をする人が増えてきました。
女性は結婚、出産などのライフスタイルの変化の影響を受けやすく、独身時代に十分検討してマンションを購入されても後に問題が生じる事は多々あります。
  • 購入後に結婚をし、マンションを賃貸に出していたが、新生活でもマンションを購入し、2つのローンと固定資産税などの諸経費の支払いが厳しくなってしまった。
  • 転職した先で転勤になってしまい、マンションに住めなくなってしまった。
  • 結婚後もマンションに住み続けているが、立地が子育てに向いた環境ではないので手放したい。

住宅ローン名義人がご主人であっても家計を管理しているのは奥様。

支払いが困難になっている、今後厳しくなりそう等状況を把握し、普段仕事に忙しいご主人に代わってご相談されるケースが非常に多いです。

共働きで共有マンションを所有されている。

二人の年収を想定して住宅ローンを組まれている場合、どちらかの収入が低くなってしまうと、、毎月の返済が厳しくなってしまうケースがあります。特に女性は非正規雇用の方が多く、コロナ禍の影響による収入減のためのご相談が増えてきています。

離婚後、新生活を始めた引っ越し先に元夫の滞納による返済請求が届いた。

離婚前に連帯保証人として契約したマンションに元夫がそのまま住んでいて、その夫が住宅ローンを滞納すると、連帯保証人である元妻に請求がくる事になります。
そうならない為に離婚後に連帯保証人を別の人に変更する事をおすすめしています。

離婚後、元夫が引越して元妻がそのまま住んでいたが、元夫の滞納によって立ち 退きになりそう。

「住宅ローンの支払いを慰謝料(養育費)の代わりに」といった要望を、元夫側が離婚する時に提案することがよくあります。
しかしこの約束は、非常にリスクの大きい選択肢と言わざるを得ません。
別れた元夫がその後ローン返済を滞納したり、自宅を売却する際には、元妻は突然その家から出て行かざるを得なくなってしまうという大きなデメリットがあるので注意です。

女性が安心して相談できる窓口

女性が相談したい問題が増えてきているのですが、どうしても男性の相談員には相談しづらいし、そこで躊躇して結局相談せずじまいになっている方も多いかと思います。
また、相談内容もプライベートな事になる為に、男性ではなく同じ女性に親身になって話を聞いてほしい。共感してほしい。と思われるのではないでしょうか?
JKASは全国に相談窓口を持ち、多数の女性住宅ローン返済支援エージェントがおりますので、ご指名いただければ女性相談員が対応致します。
プライバシー厳守、同性ならではのきめ細かいサポートをいたします。安心して相談下さい

女性の視点から悩みを理解し、共感し、一緒に解決の方法を探ります。
どうぞ遠慮なさらず女性相談員にご相談ください。

住宅ローン返済支援エージェントを探す